宅建受験の効率的な学習法

宅建を受験するとき、テキストと問題集を用意します。両方必要ですが、学習のメインは問題集になります。

宅建受験の効率的な学習法

宅建受験では問題集で学習をする

学生時代において、新年度のはじめには教科書を揃えることになると思います。高校までであれば学校でしているもの、大学などでは講師が指定するものを用意します。それらの教科書を使って授業は進められることになります。ですから教科書がメインと思ってしまうことがあります。確かに教科書はその勉強のための重要な道筋になりますから、抜きに考えることはできません。でもある勉強をするという時に、決してメインではないということがあります。これを間違って利用してしまうと、目的を達成することができないかもしれないので注意したいということです。
宅建を受験して、合格するために学習するということがあります。資格の学校に通ったり、通信教育、独学などいろいろな方法を取ります。この時教材としては、学校で言う教科書に当たるテキストがあります。そして最も重要な問題集を利用することになります。この問題集の使い方が重要ということになります。人によってはテキストを丸暗記すれば合格できるのではと思うかもしれません。でも、残念ながらそれでは合格することは難しいと思われます。一方問題集の場合は、丸暗記すれば合格に近づくことができるかもしれません。その違いがあります。
こちらの試験に関しては択一式で出題がされます。文章がいくつか並んでいて、正しいものを選んだり誤ったものを選ぶというものです。テキストの丸暗記では正しいものの区別はつきます。でも誤ったものの区別がつかないことがあります。テキストにはこれは間違いですというようには書かれていないからです。誤っているということを知らないと回答ができないことになります。問題集をやっていればどの部分が誤りかを知ることができます。また出題の方法もわかります。誤りとはこのように出題されるということがわかれば、普段においてもそれを意識することができるのです。そのことからも問題集を中心に行うと合格に近づきやすくなるということが言えます。

注目リンク